2021年12月8日(水)
Breaking News

ブランクを克服して看護師として復帰する方法

医療の世界では、エビデンスに基づいてどんどん情報が更新されていく。看護師としてのブランクが長ければ長いほど、今の医療について行けるか不安に感じることが多くなる。
そのため、以前に働いていた時とは違うことも多いだろうと考えると、働きたくても飛び込む勇気がもてない場合もある。

医療の世界、特に看護師は離職率が高く、どこの病院でも看護師の確保の問題を抱えているのが現状だ。そのため、ブランクがある中途看護師も率先して採用する。
しかし、どの看護師も復帰へ対する不安を持っている。考えてみると、看護師として働いていた時には若さもあり、知識もあり看護師として誇りをもって勤務に携わっていた。
しかし、ブランクがあると、少し年齢も重ねたので仕事をする上での体力は大丈夫かなと不安になる。また、ブランクの間に変わってきたケアの常識についていけるかなど、不安に感じることも多い。
また、看護師の中には勤勉な人も多い。しかし、いろいろな勉強に取り組みたいと考える反面、家事や育児をしながらその勉強の時間をどのように確保しようかと頭を悩ます人も多い。

ただ、ブランクがある中途採用看護師が自信をもって働けるよう、サポートしている病院も多い。
例えば中途採用看護師の研修やプリセプター制で先輩の教えを受けながら、少しずつ仕事に慣れていくように教育目標を立てている病院もある。そのため、ブランクがあっても焦ることなく、ゆっくりと看護師の復帰を目指していくことができる。