2021年12月8日(水)
Breaking News

安心して看護師が復職する方法

看護師の復職を考えているものの、ブランクがあることで最新医療の知識や技術についていけるか不安という方もいるだろう。医療の世界は常に進歩しているので、ブランクの期間が長ければ最新医療についていけるか不安になって復職をためらってしまう場合もある。
ブランクが不安で復職をためらっているなら、最新医療の基礎知識や技術を学べるセミナーに参加するのも1つの手だ。

看護師の復職を支援するために、都道府県の看護協会は復職支援研修を実施している。
復職支援研修を受けることで、最新医療について学び、研修で技術を復習して昔の感覚を取り戻すこともできる。ある程度の基礎知識と技術が学べるセミナーを利用することで、復職の不安を解消し復帰を検討しやすくなる。
また、セミナーでは、講習だけではなく個別相談も実施されている。復帰に向けての不安点を相談して、少しでも安心して復職できる環境を整えることが可能だ。

ブランクの影響で技術面に不安が残るなら、看護基礎技術研修を受けるという選択肢も挙げられる。より実践的な看護技術の講習、研修会を受けることでブランクにおける技術面の不安を解消できる。
注射や採決、点滴などはブランクがあると、問題なく対応できるか不安になる方も多い。だからこそセミナーを有効活用して、復職のための準備を整えていくことが大切だ。

また、求人を選ぶときには、復職支援を積極的に実施している医療機関を選ぶことで、ブランクがあっても理解のある職場で働くことができる。